世界遺産にも登録

都庁の見える景色

人口が1000万人を超える大都市東京であっても、各地で活発に農業が行われているのが特徴的である。
また大消費地に近い場所で農業を行うことで、新鮮な農産物をスピーディーに供給できる点が魅力的であろう。
とりわけ鮮度が求められる野菜などの生産量が多く、地域の青果店やスーパーなどで購入可能である。
その中には大根や小松菜のように、古くから東京都内での栽培の実績のある野菜が多いのが特徴的である。
また梨やぶどうのような果物を栽培する農家も東京都内には多く、観光農園も経営している農家が多いのも魅力的である。
また季節ごとに様々な野菜を収穫することができるので、地元の人々は旬の食材を気軽に購入することができるであろう。

都心から20キロから30キロ離れた郊外のエリアであれば、容易に畑や果樹園が広がる風景を見つけることが可能である。
そのために東京に住んでいる人も、農業に対して親しみを持つことができるであろう。
特に地元の農家が無人販売所を各地に設置しているので、地域の人々が地元の野菜を気軽に購入できるのが魅力的である。
また自治体も農業の振興や農産物の地産池消に取り組んでいるので、地元の人々も地域で収穫された農産物に親しみを持つことができるであろう。
特に地元の農家と地域の住民が交流できるイベントを通じて、お互いに親睦を深めることが可能である。
また農家と住民が交流を深めることで、農業への理解を通じて更に住みやすい地域を目指せるであろう。